特定非営利活動法人LOOB JAPAN

スタッフ(講師派遣)

- 国際協力を身近に!-

LOOBのフィリピン現地で蓄積してきた国際協力の知見や、グローバルな課題を身近に感じれる楽しいワークショップまで。テーマ別に講師/ファシリテーターを派遣しております。2020年6月現在、オンライン講座がメインとなりますが、時期によっては対面型での講師派遣も可能です。

小林 幸恵。1974年北海道北見市出身。藤女子大学在学中にフィリピンYMCAのワークキャンプを経験し、その原体験に導かれるように、大学卒業後にマニラに単身移住。NGOや日系企業での経験を経て、“青少年の健全な成長が世界から貧困と戦争を減らす最良の手段”と信じ、現地の仲間とともにフィリピンの非政府組織(NGO)LOOBを創設した。以来、日本とフィリピンの草の根交流事業、SDGs研修事業、貧困層への生計支援事業など多数手がけている。これまでイロイロ市に受け入れた日本人ボランティア数は2,000人以上。在フィリピン20年目で夫と10歳の息子、白い犬、日本人インターンや現地スタッフと大所帯で暮らす。趣味は仕事終わりのビールと映画鑑賞。コロナ以降はパン焼きも。

吉永 幸子。1988年東京生まれ。桜美林大学にて国際協力専攻。フィリピン留学でのインターン先であったNGO LOOBで活動し、帰国後もボランティアで活動に参加。輸入食品の販売アルバイト等を経て、NPO法人LOOB JAPANの理事、フェアトレード担当に就任。その一方、自分でも“かわいいフェアトレード雑貨”を扱うセレクトショップ『HAPPY ∞ HAPPY』をオープン。現在、エシカル・コンシェルジュ(講師)として、ワークショップや講演を通じて、“自分にできる国際協力の在り方”を広めている。趣味は美味しいものを食べることと雑貨集め。

ワークショップ講師/ファシリテーター派遣

コロナウイルスの影響で海外研修ができなくなってしまった中学校・高校・大学の関係者様へ!

オンラインで学校や自宅からワークショップやセミナーに参加しませんか?テーマは、貧困問題、教育格差、国際協力、SDGs基礎講座、エシカル消費普及などがあります。誰にでも・どんな形でもできる“気づき”を提供し、当事者感覚だけででなく、未来を変革していけるワクワク感を感じてもらう内容です。団体代表がフィリピンにおりますので、現地NGOの活動に参加しているLOOBキッズやユースメンバーと直接オンラインで交流できるのもLOOBの持ち味や魅力となっています。

研修形式

  • 講演 / セミナー
  • 座学 + ワークショップ
  • 座学 + 現地キッズ&ユースとのオンライン交流

小林の講演テーマ(実績例)

  • 【国際協力】『現場で見えてきた「土」と「風」のチカラ』
  • 【SDGsとコロナ】『私たちの暮らしと未来を繋ぐSDGs』
  • 【貧困&教育】『途上国の学校現場に見る「教育への崖っぷち」』
  • 【ごみ&環境】『フィリピンのごみ問題を解決するたった一つの方法』
  • 【ジェンダー&家族】『アジアで最も男女平等なフィリピンの家族の形』
  • 【食文化と食品ロス】『びっくりフィリピン食文化』
  • 『コロナ緊急企画!お家でフィールドワーク!ゴミ問題を考える日比高校生のアイデアソン!』
  • 『コロナ緊急企画!お家でスタディツアー!フィリピンのゴミ山から考える私たちの暮らし』

吉永の講演テーマ(実績例)

  • 【国際協力】『外国人の私たちにできること。日比で歩んだ15年間』
  • 【国際協力】『誰でもできる国際協力のイロイロな形』
  • 【エシカル消費】『廃棄物がポップな雑貨に、ゴミから笑顔のフェアトレード』
  • 【エシカル消費】『エシカル消費ってなに?~草の根フェアトレードから見える世界』

【価格(税抜)】

○講演・講座等 30,000円~+旅費 (90~150分)20~100名
○ワークショップ 30,000円~+旅費 (90~150分)10~50名

※ご依頼の内容、費用、日程などご相談に応じます。
※学生団体様・学校法人様など、ご予算が限られている場合もあるかと思います。ぜひお気軽にご相談ください。
※都内23区外は別途交通費をご請求させていただきます。