特定非営利活動法人LOOB JAPAN

 ホーム > 支援プロジェクト > 被災地・緊急支援 > LOOB 新型コロナウイルス対策支援

Vol.4 2020年 新型コロナウイルス対策支援(こんなときこそ青少年のエンパワーメント)

2020年初頭から世界各地に広がった新型コロナウイルスにより、フィリピンでは7月の成人人口の失業率が45.5%に上る(2020年7月SWS調査)など、貧困層の増加が深刻化しています。イロイロ市およびパナイ島の貧困コミュニティでも外出自粛や商業の閉鎖による大きな影響が出ています。LOOBでは3月20日から5月20日までのロックダウン中は、スタッフの安全を一番に考え、現場での活動を停止しました。一方で、代替え的な収入源を確保するため、4月からオンライン研修の開発に注力し、9月末までに500名以上の日本人の方にご参加頂きました。
このページでは、オンライン研修事業の収益を用いて、2020年10月時点までに実施している緊急支援と中長期支援の内容をご報告いたします。

1.緊急!最貧困コミュニティでの食糧支援と状況調査

<2020年5月21~23日>

イロイロ市カラフナン村で60世帯に対し、1か月分の食糧支援に相当する緊急支援金を給付いたしました。子どもの学校に関する調査では、6月の新学期から学校に行かせると回答した世帯が8割以上となりましたが、2割のご家庭はコロナ感染の不安と経済的な状況から躊躇していると回答しました。

2.若者に力を!SDGsユースエンパワメント

<2020年6月5日~8日 / 2020年9月24日~30日>

学校での学びを再開できないユース世代(13~25歳)を対象に、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の基礎知識とフィリピンの社会課題を学び、コロナ禍において若者がどう行動していくかのセミナーを実施。本セミナー修了者はLOOBが実施するSDGsアカデミア学修プログラムのファシリテーターとして活躍し、多くの若者がCash-for-Workで臨時収入を得られるようになりました。

3. 漁村コミュニティでマスク制作

<2020年6月~7月>

イロイロ市校外にある漁村ナムコン村で布マスクの制作・販売を行うマイクロビジネスの起業を支援しています。コロナの感染防止と仕事のない女性達の収入向上のための裁縫プロジェクトです。1日100枚の生産能力があり、地元イロイロ市はもちろん、アメリカからも受注するようになりました。

4. 外出規制が解除、コミュニティのコロナ対策

<2020年6月~12月末>

イロイロ市ごみ処理場があるカラフナンの役場と公立小学校に、手洗い用タンク(足踏み機能付き)を2機設置しました。地域の小学校をベースに保護者世帯に衛生キットの配布を行うほか、衛生ワークショップ(対面もしくはオンライン)を開催する予定です。NGOと学校関係者が連携し、子どもから親・地域へコロナ感染対策を拡散し、クラスター感染が発生しやすいスラムでのコロナ感染予防を強化します。

5. ついに学校再開!リモート学習の支援へ

<2020年10月1日~2021年3月末>

延期されていた新学期が10月5日にようやく全国で再開されました!LOOBが支援するFJK学校では、『「Distance & Modular』方式、つまり遠隔プリント学習を採用しました。2週間分のプリントを生徒宅に配布し、保護者代表が児童のプリントを回収し、学校に設置されたボックスに入れて先生がチェックする仕組みです。高校を卒業してない保護者が多く、自宅学習をケアしきれないため、LOOBでは旧式携帯電話を学校に寄贈し、14人の先生と児童が電話を介して学習できるAmlig Hotlineを支援することになりました。

6. ごみ回収で1ペソをもらおうキャンペーン

<2020年10月15日~12月末>

多くの市民が仕事を失っている中、消費も落ち込み、有価物のリサイクルで生計を立てるウェストリサイクラーの方々は収入が激減しています。LOOBではごみ処理場のコミュニティで廃棄されたジュースパックを再利用した小物制作を行っていますが、このごみ(素材)も少なくなっているため、生産能力も落ち込んでしまいました。

そこで、ジュースパックを1ペソで買い取るキャンペーンを実施することになりました。LOOB支援先のジュニアリーダー組織はもちろん、近隣のバランガイ(町内会)・教会・学生団体ともネットワークを組んで、12月までに3,000枚以上の回収を目指しています。これによって、ポイ捨てを考え直し、Trach to Cashのアイデアを広めることで、イロイロ市のごみ問題にアプローチします。