特定非営利活動法人LOOB JAPAN

 ホーム > 平和のタイムマシン > ナナイ・ドロレスのお話

ナナイ・ドロレスのゲリラ狩りのお話

ワークキャンプを開催しているティグバワン町ナモコン村で、ベースのバンブーハウスを提供してくれているのがナナイ・ドロレスさん(67歳)。私たちがベースに泊まる時、自分の家から食器やら鍋やら、一人につき2つの枕を持って来てくれる優しい「ナナイ(お母さん)」です。2006年第17回パナイ島キャンプの中で実施したピースフォーラムで、ナナイ・ドローレスと弟のペドロさん(63歳)が日本から来た13人の大学生とフィリピンのユースボランティア7人を前に、自分達の戦争の話しをして下さいました。
5歳で日本軍に父親を殺された彼女が、若者に伝えるメッセージ

ナモコン村を横断する公道に、フィリピン国旗を掲げた石の記念碑があります。第二次世界大戦でのフィリピン人戦没者の慰霊碑です。そこには「アメリカ極東軍(USAFFE)がパナイ島から退陣した後、1942年9月2日、初めてフィリピン人による武装決起があった場所」と記されています。このゲリラ戦で、同島の日本軍に初めての犠牲者が出たため、報復として12人のフィリピンゲリラ兵、3人のフィリピン民間人が見せしめのために殺害されたのだそうです。 この3人の民間人のうちの一人が、ナナイ・ドロレスさんの父親(フランシスコ・アリアス)でした。

ペドロさん: 「日本軍が1942年4月にパナイ島に上陸して以来、表面上は平穏な時間が続いていたが、水面下では抗日ゲリラに向けた住民の結集が進んでいました。1942年8月末にパナイ島で初めて組織されたゲリラ軍が、ティグバワン方面に向かってきた日本軍のトラック9台を奇襲し、その時、日本軍に初めての死傷者が出ました。そしてその後すぐ、日本軍が報復のためにゲリラ狩りにやってきました」

弟のペドロさんは、終始、冷静な様子で感情を出さず、分かりやすい英語で語ってくれました。

ナナイ・ドロレス: 「日本軍が私たちのナモコン村に来るという情報が入って、村人全員が四方八方に逃げました。私は当時5歳で、まだ赤ちゃんだった弟(ペドロさん)を抱っこして、母親や親戚と一緒に逃げ走りました。しかし私の父親を含む何人かの住民は、日本軍に捕まってしまいました。

その時のことは、叔父がココナツの木の上に隠れて見ていました。日本軍は、捕まえた住民を一箇所に集め、抗日ゲリラの名前を暴露するように命令したそうです。でも、もちろん名乗り出る者はいません。激昂した日本兵は見せしめのために処刑する住民を選び出したのです。私たちの父親が当てずっぽうで選ばれてしまいました。父はスペインの血を引いて背が高く、顔の堀りが深かったので、それでアメリカ寄りと決められてしまったのでしょう。父は日本兵の銃剣で殺されました。

叔父は、日本軍が去った後、放置された遺体にかけより泣きました。葬式を挙げたくても墓地に連れて行けば日本軍がいる恐れがあるため、遺体は殺されたその場所に埋めたのです」

日本とフィリピンのキャンパーやスタッフは、お二人のお話しに真剣に耳を傾けていました。ナナイは続けて、「私の父は、銃剣でこうやって、こうやって刺されたの」とジェスチャーを交えながら説明し、次第に涙声になっていきました。そして、皆が見守る中で静かに涙を流した後、キャンパー達に両手を広げてこう言ったのです。「But I love you all...(でも、私はあなたたちのことが大好きよ)」と。ナナイは涙を拭きながら、その場を走って去っていってしまいました。残された私たちは皆、ただただ涙をこらえ、声を発することもできず、時間が止まってしまったようでした。

私は今でも考えることがあります。ナナイの発したI love you allという言葉の意味を。父親の頃された瞬間を思い出して泣いた後、瞬時に日本人の立場に立って「こんな話を戦争に関係のないあなたたちに聞かせてしまってごめんなさい」と言ってくれたようにも聞こえました。「父親を戦争で亡くした心の痛みを体験するのは自分だけで十分」と言っているようにも聞こえました。

ナナイ・ドロレスは、LOOBがナモコン村で活動することになった当初から、とても歓迎してくれました。日本人を憎んでいたはずの少女が、歳を取って、村に来るようになった日本人を自分の家で迎え入れるようになったのです。日本とフィリピンの若者が同じ釜の飯を食べ、寝床を共にし、肩をたたきあって冗談を飛ばしたりするLOOBの活動を心から喜んでくれています。ナナイが戦争経験を共有してくれたその瞬間から、私たちは自分達の享受している平和の尊さと深さを知り始めたのでした。
(2006年9月 YKL)