青少年育成とコミュニティ開発のフィリピンNGO LOOB

 ホーム > LOOBについて > 代表ごあいさつ

LOOB(ロオブ)は2001年からフィリピンを拠点に活動する非営利組織(NGO)です。「一方的な支援でなく、現地の人と共に学び成長する」をモットーに、国際ワークキャンプや研修事業などを通じて、草の根の青少年活動とコミュニティ開発を実施しています。

代表ごあいさつ ~この10年、これからの10年~

■ 1. 日比4人の有志の夢からスタート
■ 2. LOOBの目指すワークキャンプ
■ 3. 日本の若者がフィリピンから学ぶ「豊かさ」
■ 4. フィリピンの若者が次世代を創る
■ 5. 10年目を迎えて

■1. 日比4人の若者の夢からスタート

私が大学時代に参加したYMCAの活動でフィリピンに降り立ったのは1995年。小学校の家庭科の教室に1か月間、フィリピン人キャンパーと日本人キャンパーが寝泊とまりし、学校の施設を整備しながら、さまざまな交流活動を行いました。異文化を受け入れられず涙したり、朝まで夢を語り合ったり。その時に過ごした1か月間の色や匂い、魂が震えるほどの感覚は、帰国してからも強烈に私の人生を動かしていくことになりました。

私は、大学卒業後、マニラの日系企業に就職しつつ、現地のNGOでボランティアをしていました。その頃、現地の男性と結婚し、YMCAのキャンプスタッフだった仲間たちとも再会しました。当時、マニラの日本人社会でも感じられたフィリピンへの潜在的な偏見や、現地の声を取り入れない一方通行の支援にジレンマを感じていた私は、YMCAのフィリピン人3人と自分達のNGOを立ち上げることになりました。私たちが目指したのは、「フィリピンと日本の若者が共に汗を流し、学び合い、感動を共有できる場所。さらに、その青少年交流によってフィリピンの貧困層への奉仕の精神を培っていく団体」です。

2001年6月、フィリピン政府から非政府組織(NGO)の法人格を取得。第1回目のワークキャンプ参加者を募集し、日本人14名、フィリピンから5名のボランティアが集まりLOOBの活動が正式にスタートしました。フィリピン人スタッフが≪隣人を愛せよ≫というキリスト教の最も美しい教えを、団体の名前に載せてくれました。

■2. LOOBの目指すワークキャンプ

2001年当初は年2回の開催だったワークキャンプですが、2011年現在で年10回のワークキャンプを行うまでに至りました。この10年間で実施したLOOBのワークキャンプは45回、他団体との提携キャンプは12回となり、参加延べ人数は1,000人を超えました。

LOOBのワークキャンプは、10年前も今もその基本スタンスは変わりません。日本人とフィリピンのボランティア20人前後が、貧困地域の共同体の中で、10日から2週間を一緒にすごし、村の課題解決に貢献するプログラムです。昼は井戸堀りなどのワークをし、夜はホームステイで村人と交流を図ります。異なる背景を持った個人が集まって共同生活をし、開催地の地域社会と交流することで、個人・グループ・団体の潜在力を高め、実質的な社会貢献ワークを遂行します。グループダイナミクスによる相互啓発の効果があり、青少年育成と村落開発へのエンパワーメントに向け、非常に有効な手法だと考えています。

LOOBが目指すのは、日本からフィリピンへの一方的な協力ではなく、「両国の青少年育成を通した双方向の国際協力」です。若者達は、キャンプ開催地の村人と信頼関係を深め、その過程で「この人たちに何かしたい!」という気持ちや、「自分には何もできない」という無力感を体験しながら、仲間とすごす時間の中で自分がなりえる最高の自分を見つけていきます。ひとりひとりの感動が、個人だけではなく社会そのものを動かしていけることを実感できる時間です。この10年のワークキャンプの活動の中で、私たちは人とコミュニティの発展は無限であり、他者との関わりによってどのようにも成長していけるということを感じています。

■3. 日本人がフィリピンから学ぶ「豊かさ」

日本などの先進国の生活は、開発途上国の経済的搾取の上に成り立ってきた一面があります。しかし途上国というステレオタイプなイメージが先行し、現地の生活や人々の価値観というものは、なかなか見えてこないものです。フィリピンの典型的なイメージと言えば?まだまだ、「バナナ、危険、汚い」といったものが主流ではないでしょうか。日本で伝えられる情報はとかく偏りがちで、同じアジアの隣人として顔の見える交流がまだまだ未熟なように思います。

私たちは様々なプログラムにおいて、ホームステイや家庭訪問を通して、社会の核である家族という単位から地域社会の現状を見るようにしてきました。この姿勢から、フィリピン人の家族観やコミュニティ内の共同体機能を知り、精神的な豊かさを重んじる価値観が人・コミュニティ・国全体の発展に大切な要素であることを実感を伴って学んできました。日本は、物質的には豊かでもいじめや自殺といった心の問題が増えており、先が不透明な閉塞感を感じる人が増えています。 フィリピンの質素な生活を体験し、人々と交流・協力することで、物質至上主義によって忘れがちになっている精神的な豊かさについて考えていくことが、結果的にこれからの日本社会を支える新しい価値観を産み出すと信じています。

■4. フィリピンの若者が次世代を創る

海外に出稼ぎに行く人が国民の10%にも上る「出稼ぎ大国」フィリピン。私たち日本人がフィリピンで活動していても、国内の政治経済情勢に見切りをつけて多くの若者が海外に出て行ってしまいます。せっかく日本や海外から来たボランティアが奮闘しても、フィリピンの若者が次世代を担っていく意識がなければ、フィリピンという国はこれからもグローバル化という外国の資本や価値観の流入に翻弄されていくでしょう。

LOOBの草の根活動では、フィリピンの人々が自分の国を新しい視点から見ることができるようになる効果があります。例えば、ホームステイ先の母親が、「日本人がやって来ると聞いて、家が貧しいので最初は断ろうと思った。でも実際に受け入れてみて、彼らはフィリピン人と友達になるために来てくれたのだと分かった。豪華なご飯を出すことはできなかったが、どれもおいしいと言って食べてくれたことがとても嬉しかった」と泣いてくれたり。フィリピン人ボランティアが、「これまで自分の国は、政治が腐敗したダメ国家だと思っていたけど、日本人がフィリピンの質素な生活から感動している姿を見て、自分の国を客観的に見れるようになった。自分は外国に行きたかったが、もう少し自分に与えられた恵みを同胞とシェアしていきたい」と言ってくれたり。こういう言葉を聞くのは、活動をやっていて最も嬉しいことの一つでもあります。

フィリピン人は、先進国の若者と違って、気軽に海外に遊びに行けませんし、植民地化された歴史から、潜在的に外国の物事を良しとし、自国を卑下する傾向にあるのです。LOOBの活動を通して、少しずつ意識の変化を生み出していき、自分の国をもっと誇りに思う若者が増えればいいなと願っています。

■5. 10年目を迎えて

2011年でLOOBは10年周年を迎えました。この10年を振り返ると、多くの小規模NGOがそうであるように、創成期は「なんでもできることを最大限に」というスタンスで具体的な事業計画もなく、行きあたりばったりの活動でした。しかし、フィリピン人スタッフや村人とともに、そんな試行錯誤の時期があったからこそ、その経験から少しずつLOOB独自の協力論をあみ出し、現地の方々に受け入れられてきたと感じています。

東日本大震災は、私たちにとってもターニングポイントとなるもので、今後のLOOBの在り方を問い直す良い機会になりました。LOOBが第三者からよく評価して頂くのが、日本とフィリピンの青年ボランティアの質です。青年ボランティア達は、LOOB最大の「財産」であると同時に、貧困問題を解決していく上での重要な「力」です。これからの10年は若者たちがLOOBの主人公として多く登場することになると思います。これからも10年の間に培ったNGOとしての経験と、いつも惜しみない愛と努力をLOOBに与えてくれる日本・フィリピンメンバーとの絆を大切にし、一人一人の小さくても確かな力を融合させながら活動していきたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします!

2012年 小林幸恵