特定非営利活動法人LOOB JAPAN

 ホーム > 支援プロジェクト > スモーキーマウンテン支援 > フェアトレード/生計支援

フェアトレード/生計支援

廃棄されたジュースパックを再利用するアップサイクル製品を取り扱っています。

1. フェアトレードって何?

フェアトレードとは?

フェアトレードとは、途上国の社会的立場が弱い人々(例えば貧困層の人、少数民族、都市スラムに住む人、女性など)が作った商品を直接取引することで、中間マージンを押さえ、生産者の現金収入を増やす貿易の仕組みです。従来の大資本による大量生産では、生産者への賃金が公正に支払われなかったり、環境に対する配慮が欠けている場合がありました。

LOOBのフェアトレード推進事業(キャパシティビルディングおよび購買契約)

LOOBでは2007年からごみ投機場周辺住民の新しい生計となるジュースパック製品を制作しています。生産者のキャパシティ・ビルディング(製法技術、会計知識などの向上)を行いながら、毎月一定額の製品を購入することで、生産者の生計の安定を目指しています。非営利で実施し、生産者に仕事の機会を提供するだけでなく、リサイクル素材の利用により環境への意識を高める啓蒙活動にもなっています。

フェアトレードを推進することで、南北問題や環境破壊など、地球が抱えているたくさんの問題を、少しずつ解決していくことができます。

たくさんのサポーターの方々の努力に支えられて10年が経ちました。2018年にはLOOBのジュースパック製品の取り組みで、環境省グッドライフアワード(サステナブルデザイン賞)を受賞しました!

2. お買い物でちょっぴり国際協力

●製品を買う

ジュースパック製品SHOPへ

●製品を売る(学祭やイベントの委託販売)

案内書ダウンロード

3. ジュースパック製品ができるまで

集める人、洗う人、裁縫する人。全ての段階で「仕事」が生まれる!
①ごみ投棄場にて資源ごみを回収する

     

ごみ投棄場ではダンプカーの下で危険な作業をすることも。幼稚園くらいの子ども達の姿もみられます。ごみ投棄場のほかに学校、墓地、イベント会場などに出かけ、捨てられたジュースパックを集めることもあります。LOOBではイロイロ市の公立学校と提携して、子ども達とジュースパックを回収するリサイクル運動も行っています。

②資源ごみを換金する

  

ウェストピッカーの方々は、ごみ山や市内を回って集めたアルミ缶、プラスティック、ペットボトル、金属などの資源ごみをジャンクショップで換金します。裁縫プロジェクトに使えるジュースパック素材もここでまとめられ、UCLAへと運ばれます。

③洗浄・消毒・乾燥

  

UCLAの裁縫メンバーが、洗剤できれいに洗浄した後、アルコールで1枚1枚ていねいに消毒し、日陰干していきます。

④会議をして、いざ、ジュースパック製品作り!

     

LOOBスタッフと定期的に打ち合わせ。新デザインや改善点なども話し合います。
こんな風にして、ごみだったものが、ポップな実用的な商品に生まれ変わります!

4. 製品に関するQ&A

Q1. このジュースパック製品はどのような背景で作られていますか?

フェアトレードパートナー

A.フィリピン・イロイロ市のごみ投棄場のウェストピッカー(スカベンジャーともいう)の方々が、 Uswag Calajunan Livelihood Association(UCLA)という住民団体を組織し、2007年に新しい雇用を産み出すためごみ山から出る廃材を使って小物を製作する裁縫プロジェクトを開始しました。現在15~20人の女性と若者が携わっています。LOOBはUCLAの裁縫技術を向上させることと、毎月一定額の製品を購入することで、メンバーの生計向上を後押ししています。

Q2. このプロジェクトによって、生産者の生活はどのように変わるのですか?

A.今まで20年以上にわたっ有価物ごみの回収で収入を得ていた方々は、裁縫プロジェクトでより衛生的で安定した収入を得られるようになりました。一番の大きな成果は、ごみ拾いから脱却して自分の作った製品で子ども達を学校に通わせることができるようになり、目には見えない誇りを得るようになったことです。コミュニティ全体で一つの製品を作り上げていくことから、地域の活性化にもつながっています。

Q3. このジュースパック製品はどうして地球に優しいのですか?

A.フィリピンでは小学校などで子ども達が飲むジュースパックが「リサイクル不可のごみ」として大量に廃棄されてきました。UCLAではこれをきれいに洗浄・消毒して、バッグやポーチを縫製しています。生産者とLOOBは、現地の小学校でもジュースパックを回収しているので、子ども達と3R(リサイクル・リユース・リデュース)を実践しながら、環境への意識を高めることにもつながっています。

Q4. 商品価格のうち、生産者にはいくらが入るのですか?

A. フェアトレードパートナー(FTP)登録をしていただいた支援者の皆様は、定価の25%割引のFTP価格で商品を入手できます。このFTP価格の40%が、実際に生産者UCLAに支払われる原価となります。また定価でご購入いただいた場合は、そのうち30%が実際に生産者UCLAに納付されている原価です。LOOBはUCLAの提示価格で毎月一定額を一括払いしていますので、日本の販売状況に左右されることなく、生産者の確実な現金収入となっています。また現地LOOB Incには日本で販売される価格の12%が収益として入り、フィリピンでの支援活動費に当てています。

5.「ごみ山の子ども達に晴れ舞台を」~HALLE Fashion Show ~Glamour in Trash~

フェアトレードファッションショー

2014年にファッションを勉強する日本の学生ボランティアを中止に、ジュースパック製品を紹介するファッションショーを開催しました。プロのダンサーであるChinatsu Nanami(知夏七未)さん、イロイロ市の公共サービス局のスタッフとの協働作業で、イベントは大成功でした。ごみ山の人々がこうしたイベントを通じてイロイロ市の環境啓蒙活動のシンボル的存在になりました。子ども達にはこの「晴れ舞台」を作ってくれた大人への感謝を忘れずに、その恩を社会に還していけるよう成長していってほしいです!このイベントに関わった全ての方々にお礼申し上げます。