特定非営利活動法人LOOB JAPAN

 ホーム > 教育サポート > ユースイニシアティブ > 食と栄養の活動

ユースイニシアティブの活動

LOOBではパナイ島およびギマラス島にある5つの村で、経済的な理由で学業の継続が困難であり、卒業に意欲的な子ども約70名に教育サポート事業を行っています。この教育サポート事業は、「学資援助」と「ユースイニシアティブ」というノンフォーマル教育の二本立てです。経済的な援助だけでなく、子ども達の人生に対する向上心を育む活動を導入しています。日本の教育サポーターと現地に集まる多くのボランティアのふたつの力で、子ども達の可能性を磨いています。ユースイニシアティブの3つの活動には、学資援助を受ける子ども達だけでなく、彼らの兄弟姉妹、近所の子も参加できるようにしています。また、活動の企画から評価まで管理するフィリピン人&日本人ボランティアさんにとって実践的なトレーニングの場にもなっています。

 

A. 週末の子ども英語アクティビティ - Weekend Kids English Activity -

この活動は現地ユースボランティアと日本および外国のボランティアが、現地の子どもの英語力・表現力・社会性・ライフスキルを伸ばすため、4つのエリアで年間24~30回ほど実施ています。

1.ティグバワン(ナムコン村)
2006年から活動開始。毎回20人程度の子ども達に様々なテーマで活動を行っています。これまで「世界を知ろう!」、「フィリピン各地の民話」に基づいての創作劇、「アート」「音楽」をテーマに子ども達の表現活動を創っています。

2.カラフナン村
2007年から活動開始。スモーキーマウンテンと呼ばれるごみ投棄場がある地域で、英語のファンアクティビティと栄養食配給を行っています。08年にフィリピン教育省の「Alternative Learning System(ALS)」に組み込まれ、地域の公立小学校から教育パートナーとして認定されました。子どもの参加人数は毎回40~60人です。

3.ナバイス村
2013年から活動開始。カラフナン村の隣にある都会のオアシスのような場所で、英語のファンアクティビティと栄養食配給を行っています。子どもの参加人数は毎回30~40人です。

4.先住民族の再定住地(ラニット村)
2015年にホームステイの受け入れ先として提携し、2017年には生計支援および教育支援の活動をスタートしました。クリスチャンのリーダーが率いる先住民族のコミュニティで、英語のファンアクティビティと栄養食配給を行っています。子どもの参加人数は毎回25~35人です。

 

B. 無人島キッズキャンプ - Kids Camp -

LOOB無人島キッズキャンプ

毎年5月に、上記の4つの村の子ども達40人を無料招待して、キッズキャンプを開催しています。都市部のごみ山の近くに住んでいる子ども達にフィリピンが誇る海の大自然を体験してほしいという想いから2008年にスタートし、2018年GWでで14回目を迎えました。2008年から2015年はギマラス島で、2016~2017年は松の木のあるレオン町のキャンプ場で、2018年はイロイロシティの名所を紹介するキャンプを実施しました。様々なチームビルディングを通して社会性やリーダーシップを伸ばす訓練を行っています。

このキッズキャンプ参加する日本人を毎年募集中!詳しくはこちらから

 

C. ジュニアリーダー育成プログラム - LOOB Junior Leadership Training Program -

LOOBの教育サポートを受ける子どものうち、13歳から17歳までの中高生を対象に、自発性と積極性を高め、将来的に家族や学校、コミュニティの中で、リーダーシップを発揮していくことを目的として、2016年よりジュニアリーダーというグループを組織しています。2017年は19人が参加し、毎月自分達で企画したテーマに基づいてLOOBスタッフがワークショップやレクチャーを行っています。

詳しくはブログをお読み下さいこちらから