青少年育成とコミュニティ開発のフィリピンNGO LOOB

 ホーム > フィリピンでの活動 > 教育サポート事業 > ノンフォーマル教育活動

教育サポート事業

経済的な事情から子ども達が学校に行くことを諦めた場合、その子ども達は資源ごみを回収したり、トライシクルの運転手をしたりして家計を支えます。LOOBでは「学業の継続が困難な、かつポテンシャルの高い子ども達」を対象に教育サポートを行っています(2015年度73名)。

教育サポート事業は学資の援助だけでなく、子ども達の人生に対する向上心を育む活動を導入しています。特に2016年春から高校生対象のジュニアリーダー育成プログラムもスタートしました。

教育サポート会員募集!

50%の確率

これはフィリピンにおいて、小学校から高校を卒業できる割合です。小学1年生の就学率は96%もありますが、そのうち68%しか小学校を卒業できません。高校の就学率は60%で、そのうち50%、つまり2人に1人しか卒業ができないのです。

一度学校を辞めると

例えばカラフナン村では…
ごみ山周辺に住む子どもたちは106世帯448人。
そのうち「一度は学校に通うのを諦めたことがある」子どもは106人。
さらにその中で「現在も学校に通う事ができていない」子どもは69人。

一度学校を辞めてしまうと、復学がとても難しいことが分かります。

必要なのは金銭面と精神面の支援

教育サポート会員(年間15,000円)になっていただけますと今、学校に行きたい彼らが金銭的な不安を抱えず、勉学に励むことが出来きるようになります。

お友達やご家族で教育サポートに参加できる「フレンドシップ&ファミリープラン」ができました。1人ではなかなかサポートできない方も、お友達を誘ってぜひご参加下さい。

会員の振込みは、こちらから。

 

子ども達からの動画はこちら!

 

小学生・高校生サポート会員募集! (年間15,000円)

①学資援助

小学生と高校生には、年13,000円を2回に分けてご家庭にお渡しします。この学資金は文房具、制服や靴、交通費、工作費、課外活動費などに使われます。

②週末ノンフォーマル教育・野外活動

1,000円は3つの地域で年36回ほど実施している週末ノンフォーマル教育の活動費となります。LOOBの日本人とフィリピン人ユースボランティアが、子ども達の英語力、表現力、社会性を伸ばすために実施しており、教育サポートの対象となった子ども達は心待ちにしてくれています。

事務管理費について

1,000円は、子ども達から教育サポート会員へのお手紙の郵送代やスタッフの交通費などの事務管理費となります。

大学生サポート会員募集! (年間40,000~60,000円)

①学資援助

大学生への支給額は、年間40,000~60,000円の間で実際の授業料と交通費補助をベースに計算します。前期と後期の授業登録前に支給しています。

②週末ノンフォーマル教育・野外活動

LOOBの支援を受ける大学生は、3つの地域で年36回ほど実施している週末ノンフォーマル教育のユースリーダーとして参加します。これにより、企画力・運営力・リーダーシップ力が磨かれるだけでなく、年下の子ども達に自分の能力や経験を還元するサイクルにもなっています。

事務管理費について

これまで大学生への支援は、事務管理費を頂いておりませんでしたが、今年からケースバイケースで約5~10%を事務管理費として頂ければ有難いです。

2016年フレンドシップ&ファミリー支援特典

シェアハウス無料宿泊券!

サポートするお子さん(LOOBキッズ)に会いに来ませんか?教育サポート会員への特典として、LOOBシェアハウスの滞在券(2泊3泊)を2名分進呈いたします。キッズのご家庭を訪問して交流することが可能です。

(滞在できる時期は現地事務局との調整が必要です。プロモ加入は5月末まで!)

 

よくある質問

支援の期間は?

フィリピンの新学期は6月に始まり、翌年3月末に修了式があります。毎年4~5月に教育サポート会費を支払って頂いております。基本的には1年ごとのサポートとなりますが、次年度に継続のお願いをお送りしています。

どのように子ども達を選ぶのですか?

支援先の3つのコミュニティで、村の代表者とともに、親子面談やインタビューで選考します。これらの村でノンフォーマル教育ボランティアを行うことは、子どもの学業のモニタリングにも繫がっています。学期末に保護者や学校と協議し、支援継続に値するかどうかを決定します。

単に貧しいからという理由では支援しません。このサポートをインセンティブとして考え、学業への意欲を育んでもらえるようLOOBからアプローチしています。

なお、少しでも多くの家庭の子どもにチャンスを与えれるよう、原則的に一世帯に一人の子どもに限定しています。

子どもと交流できますか?

教育サポート会員の方には、8月頃に子どもの近況紹介を書いたお手紙と、12月に手作りクリスマスカードをお送りしています。子どもとスポンサーは、1対1の支援ですので、お返事を書いて頂けると子ども達はとても喜びます。