青少年育成とコミュニティ開発のフィリピンNGO LOOB

 ホーム > 教育サポート > ユースイニシアティブ > 食と栄養の活動

教育サポート事業

LOOBではパナイ島およびギマラス島にある5つの村で、経済的な理由で学業の継続が困難であり、卒業に意欲的な子ども約70名に教育サポート事業を行っています。この教育サポート事業は、「学資援助」と「ユースイニシアティブ」というノンフォーマル教育の二本立てです。経済的な援助だけでなく、子ども達の人生に対する向上心を育む活動を導入しています。日本の教育サポーターと現地に集まる多くのボランティアのふたつの力で、子ども達の可能性を磨いています。

フィリピンの教育事情

60パーセント

フィリピンは長らく10年間(小学校6年間:高校4年間)の教育制でしたが、2012年度の教育大改革により【K-12】(幼稚園1年:小学校6年間中学校4年:高校6年)の13年間の教育制度が導入されました。教育省によると小学校から高校までストレートで卒業する割合は60%(2015年教育省データ)、つまり10人に4人がドロップアウトしてしまう現状があります。現在、就学年齢にあるにも関わらず、学校に行ってない児童は全国で100万人以上いると言われています。

一度学校を辞めると

LOOBが活動するカラフナン村でもこのドロップアウト児童の問題は深刻です。私たちがごみ山周辺の106世帯、448人の子ども達に直接聞き取り調査を行った結果、「一度は学校に通うのを諦めたことがある」子どもは106人もいました。さらにその中で「現在も学校に通う事ができていない」子どもは69人もいました。一度学校を辞めてしまうと、復学がとても難しいことが分かります。

必要なのは金銭面と精神面の支援

経済的な事情から子ども達が学校に行くことを諦めた場合、その子ども達は資源ごみを回収したり、トライシクルの運転手をしたり、手工芸品を路上で販売するなどして家計を支えます。LOOBの教育サポート事業では、学校に行きたいと願う子ども達が金銭的な不安を抱えず、勉学に励むことが出来きるための学資金を支給するのと平行して、将来への希望を持ち、学校に通い続ける意欲を育むためのノンフォーマル教育にも力を入れています。

教育サポート会員募集!

小学生・高校生サポート会員募集! (年間15,000円)

①学資援助

年11,000円を2回に分けてご家庭にお渡しします。この学資金は文房具、制服や靴、交通費、工作費、課外活動費などに使われます。

②ユースイニシアティブ活動

3,000円は3つの地域で年24回ほど実施しているWeekend Kids English Activity(WeKEA)や毎年5月に実施するキッズキャンプ、年12回の高校生ジュニアリーダー育成プログラムの活動費となります。LOOBの日本人とフィリピン人ユースボランティアが、子ども達の英語力、表現力、社会性を伸ばすために実施しています。詳しくはこちら

③事務管理費について

1,000円は、子ども達から教育サポート会員へのお手紙の郵送代やモニタリングのための交通費などの事務管理費となります。

申込みはこちら!

お友達やご家族で教育サポートに参加できる「フレンドシップ&ファミリープラン」ができました。1人ではなかなかサポートできない方も、お友達を誘ってぜひ教育サポーターになって頂けませんか?教育サポーター会費の振込みについては、こちらをご覧下さい。

 

大学生サポート会員募集! (年間40,000~60,000円)

①学資援助

年11,000円を2回に分けてご家庭にお渡しします。この学資金は文房具、制服や靴、交通費、工作費、課外活動費などに使われます。

②ユースイニシアティブ活動

3,000円は3つの地域で年24回ほど実施しているWeekend Kids English Activity(WeKEA)や毎年5月に実施するキッズキャンプ、年12回の高校生ジュニアリーダー育成プログラムの活動費となります。LOOBの日本人とフィリピン人ユースボランティアが、子ども達の英語力、表現力、社会性を伸ばすために実施しています。詳しくはこちら

③事務管理費について

1,000円は、子ども達から教育サポート会員へのお手紙の郵送代やモニタリングのための交通費などの事務管理費となります。

申込みはこちら!

お友達やご家族で教育サポートに参加できる「フレンドシップ&ファミリープラン」ができました。1人ではなかなかサポートできない方も、お友達を誘ってぜひ教育サポーターになって頂けませんか?教育サポーター会費の振込みについては、こちらをご覧下さい。

子ども達からの動画