特定非営利活動法人LOOB JAPAN

 ホーム > 支援プロジェクト > エコと緑の活動

エコと緑の活動

地域の美しい自然を次世代の子ども達に残す

2006年8月に発生したフィリピン海洋史上最悪のギマラス島重油タンカー沈没事故をきっかけに、、以下のような環境保護活動を行っています。

1. 環境教育:子ども達とリサイクルキャンペーン 

2009年にごみ分別の条例が施行されたものの、市民によるごみ分別は全くとっていいほど進んでいません。LOOBは、提携する公立小学校やコミュニティでごみ分別・資源リサイクルへの意識を高めてもらう啓蒙活動を定期的に行っています。具体的には、LOOBがフェアトレードで推進しているバッグ・小物の材料となるジュースのパックを学校単位で回収することで、ごみ減量とリサイクルの有用性を知ってもらっています。半年間で約3,000枚以上ものジュースパックを回収でき、地域を巻き込んでリサイクル運動を子なっています

2012年にはJICAフィリピン主催の環境教育研修ワークショップ(計2回)に参加し、現地スタッフ4名がスウェーデンで生まれたSkogsmulleという野外教育の手法を学びました。このような環境教育の手法も積極的に取り入れています。

2. 環境教育:無人島キッズキャンプ

無人島キッズキャンプは、年に1~2回、海洋自然の美しさを体験してもらうプログラムで、キャンプを行い、3つの地域の子ども達40人ほどを無料で招待しています。都市部のごみ山の近くに住んでいる子ども達にフィリピンが誇る海の大自然を体験してほしいという想いから2008年にスタートしました。

キャンプでは、子ども達が次の世代を使る担い手であることを一緒に考えるため、Children are the key for the balance of mother natureといったテーマを設定しています。青い海と白い砂浜で、グループ対抗の様々なネイチャーゲームを行い、夜は満天の星空の下、キャンプファイヤーを囲んで歌ったり踊ったり…。子ども達の間で自然への愛が生まれるキャンプです。

無人島キッズキャンプの参加者募集についてはこちら

3. 植林事業:マングローブの森を再生する 

マングローブとは、熱帯・亜熱帯域の海水と淡水が入り交じる沿岸に生育する植物の総称群です。海と森の2つの役割を持ち合わせ、生態系にとって重要なはたらきをしています。世界中で80種のマングローブがあり、フィリピンにそのうち46種が生息しています。

フィリピンでは、100年前に500,000ヘクタールあったマングローブ林が様々な理由で75%も消滅し、1995年までに120,000ヘクタールほどに減ってしまいました。その主因は1950年くらいから政府主導で行われてきた養殖池への転用でした。その後、マングローブ生態系の重要性が明らかになり、環境天然資源省(DENR)では全国で83,000ヘクタールのマングローブ林再生を目標として、自治体や教育機関、NGO等に積極的な植林活動の参加を呼びかけています。 (2015年現在44,000ヘクタールが回復)

LOOBでは2006年にギマラス島重油事故が発生したことをきっかけに、同島の海洋環境の回復と住民の啓蒙のため、環境天然資源省(DENR)と連携しながら定期的に植林をスタートしました。

▼ LOOBのマングローブ植樹数記録はこちら▼

 

2017年10月、環境天然資源省(DENR)ギマラス州事務局(PENRO)との協議でLOOBが植林していたギマラス島南部のマングローブ地帯は一定の復活を達げたという報告があり、私たちのマングローブ林再生事業は休止することになりました。ギマラス島では2007年から2017年までの10年間で計82,200本の植樹を行った計算になります。これは、フィリピン天然環境資源省(DENR)が目標とするマングローブ回復面積83,000ヘクタールのうち、約8.2ヘクタールをLOOBで寄与した計算です。(バロタックビエホで植林した約3万本のマングローブは、残念ながら2013年の台風ヨランダで壊滅してしまいまいました。)

 

 

4. 植林事業:ごみ山を緑の山へ!

2011年からは、ごみ投棄場の管理者であるイロイロ市が悪臭防止と緑化のための植林を進めており、LOOBでもアカシアやマホガニーを定期的に植樹しています。1980年代からの30年余り積もったごみ山の表面に土を馴染ませ、苗を植えます。見た目は美化され、雨期には周辺コミュニティにまで広がっていた生ゴミの悪臭がかなり抑えられるようになりました。

▼ LOOBのマングローブ植樹数記録はこちら▼