LOOBワークキャンプ&スタディツアー

ワークキャンプ&スタディツアー記録
Archive for Workcamp and Studytour

Exseed02 スタディツアー


期間:2012年2月8日(水)~2月18日(土)
開催地: イロイロ市カラフナン
参加者: 日本人4名、フィリピン人4名
活動内容: 
-ホームステイ
-戦争体験者にお話を聞く
-ごみ山でのアカシア植林(100本)
-教育&食に対するNGOの活動を見学

思い返すと、フィリピンにいた一週間があっという間であり、今までのどんな時間より濃い時間だったと改めて感じます。 私は、もともと「貧困問題」に興味がありフィリピンを知りました。 そのなかでLOOBさんのやっている活動に関心をもって今回のツアーに参加しました。 LOOBさんの活動は、10年経って20年経って「フィリピン」という国を救うものだと全体の体験を通して実感しています。 今まで、たくさんのNPO・NGOの活動支援をしてきましたが、LOOBさんの事業内容は、世界を変えるものだと思います。SUBARASHII!!!!!!!!!\(◎o◎)/!

私自身、一人ではまだ何もできないんだという悔しい気持ちもありますが、このツアーを通してさまざまなことを感じ取ることができました。 家族・教育・貧困・食育・子ども・宗教・夢・自由・歴史・・・ 多角的な見地を通して、全部が自分自身の「種」になりました。 大きなきっかけを得た気持ちです。 小林さん・市川さん・LOOBの皆様にお会いできていなければ、今の私はいませんし、今後10年後の自分は存在しないと思います。ホームステイ先のご家族の皆様、このツアーにかかわって下さった全ての方々にも、溢れんばかりの感謝の気持ちでいっぱいです。

今回、特に「教育」の力はすごい!ということを学びました。 子どもへの食育・子どものパワー・親が子どもを希望としてみていることなどを肌で実感できました。 これからは、「教育」という視点で世界を変えるために大きく前進して参ります。 短い間でしたが、本当に本当にありがとうございました。